目次へもどる

      研究開発リーダーの参考書20

      技術開発リーダーの方の生き方について


       
 今回は、本シリーズの最後になりますので、
        技術開発リーダーの生き方について、感じているところを記述します。

        技術開発リーダーであるあなた方は、部下をお持ちの方が多いと思います。
        命令を聞いてくれる部下がいるということは、
        便利がよくて気分のいいものですが、
        知らず知らずのうちに自分の仕事の処理能力が低下しつつあることに
        気がつかない人が大勢います。

        自分が担当者だったころは、体は一つ、いろいろ一度に言われても
        同時処理は無理だよと(心の中で)叫んでいたと思います。
        ところが長い間、人に命ずることだけを続けていると、
        部下の処理能力を見誤ると同時に、リーダーであるあなたの
        実務能力そのものも次第に力を失っていきます。

        ここから先は、個々人によって考えが異なると思いますが・・・
        説明を続けます。

        あなたは、これからも技術開発リーダーであり続けるのでしょうか?

        人生90年時代を迎え、前例のない時代・モデルのない時代です。
        どのように生きるか、ということが問題になる時代です。
        そのためにはライフキャリアのステージごとで
        自分を見つめなおす必要があると同時に、
        その都度ライフキャリアの再設計が必要です。

        読者のみなさんの年齢はまちまちだとは思いますが、
        開発グループリーダーのみなさんは「中年」と呼ばれる方が
        多いのではないでしょか?

        中年期の心理特性は「もう若くはない、しかしまだ若い」という
        二律背反的な心理的葛藤の時期だともいわれています。
        そろそろ本当の自分を生きたい、自分のための人生を送りたい、
        本当にやりたいことをやりたいと考える人が多いのではないでしょうか。

        同感された方はライフキャリアの再設計を、
        お考えになってみてはいかがでしょう。

        参考までに、自分を見つめなおすポイントを3っつあげてみました。
        1.何を維持しなければならないのか
        2.何を改善しなければならないのか
        3.新しく獲得すべき課題は何か

        ∞ ときどきあなたの人生を見つめなおすことをお勧めして、
                         このシリーズを終了させて頂きます。 ∞
                         Copyright (C) 2004 Masaki Konishi. All rights reserved.